ブログ/お知らせ

小型マイクロコンピューターを、教材として導入しました!

こんにちは。
CRI TECH SCHOOLの池田です!
4月より、新しく講師として務めさせていただくことになりました。
子どもたちの元気さと自由な発想の数々に、日々驚かされております!
これから、よろしくお願い致します。

新教材!micro:bit(マイクロビット)とは…?!

micro:bitとは、片手におさまる大きさのマイクロコンピューターです!
こんなに小さいのに、音楽からロボットまで
あらゆる種類の”カッコイイ”ものを作るために使えます。

イギリスの公共放送局であるBBC(英国放送協会/British Broadcasting Corporation)が中心となって開発し
フィンランド、アイスランド、シンガポール、スリランカまで、世界中の学校で使われているこの教材。

ついに、CRI TECH SCHOOLでも導入です!

さっそく、子どもたちは目を輝かせて取り組んでいます。

授業ではどう使っているの?

はじめは、「点滅するハート」や「スマイリーボタン」など、
micro:bitの前面についているLEDを点灯させることからはじまります。

その後は徐々に、
「ボタンを押したらこうなるように…」
「ゆさぶったらこの機能が…」など、
自由にプログラムを組んで、楽しく学習していきます!

すでに基礎的な学習を終えた子は、
「micro:bitを使って作りたいものを作る!」という課題に入り、
今は「クレーンゲームを作る!」と、頑張って創作中です。

様々な可能性を秘めたmicro:bitで、
子どもたちにも新しい興味や表現の可能性が広がっているようです。


go top